top1.jpg

一般的な海のルアー釣りの仕掛け

一般的に海のルアー釣りで使うロッド(竿)は8〜12フィート辺りがオールマイティーに使えます。ライン(道糸)は対象魚にあわせて、またロッドにあわせて選びますが、細めを選ぶとラインブレイクの確率が高くなり、逆に太めを選ぶと飛距離が落ちるとともに、ゲームとしてのスリルが小さくなります。
よく使われる手段としては細めのラインの先端に、ショックリーダーを繋ぐやりかたで、ダブルラインを編み込んで太糸に繋ぐ方法と、テーパーラインを使う方法があります。

umituri1.jpg


仕掛け