top1.jpg

釣った魚のおすすめ料理

1メバルの姿揚げ

ようするに、唐揚げです!
普段、小さなメバルは頭を落として唐揚げにするのですが・・・。
料理屋さんで「オコゼの唐揚げ」を注文すると,姿そのままで食べさせてくれる。それを真似て姿揚げに。
美味しく仕上げるコツの一つは,火の通りを良くするために背中から中骨にかけて切り込みを入れ,頭の内側(腹の方から)にグサッと隠し包丁を入れること。骨まで全部食べることができます。もう一つは2度揚げ。まず低温で揚げた後,高温でカリッカリッと揚げるのがコツ。

exclamation魚の唐揚げというとイギリスに有名なフィッシュ&チップスというのがありますね!
開高健いわく「揚げたてホカホカのフィッシュ&チップスはエロ新聞を広げたうえで食べるのが美味しい食べ方だそうです。なぜならばロンドンタイムスなどのタブロイド紙では目も当てられない!冷めちゃって」だそうです。

2メバル、カサゴの鍋

冬など釣り仲間と釣った魚(アコウ,ソイ,カサゴ,メバルetc.)を鍋にします。
これは、寒い晩に熱燗で一杯やりながら最高です!
その美味さは忘れられない。
楽しい仲間と鍋を囲むこと自体、美味さを引き立たせるのはもちろんですが、根魚のダシや旨味が凝縮された鍋は格別です。

魚の大きさは関係なし!

レシピはいたって簡単!
ごく普通の鍋に魚を加えるだけ。
強いて言えば,刺身にした後の魚のアラをあらかじめダシ用に入れておくと良いです。
ダシに醤油を加え味付け鍋にしてもいいです。
是非、お試し下さい。

3あじの塩焼き
ほとんどの釣魚に応用できるシンプルな塩焼き!

1. あじは新聞紙を敷いた上にのせ、裏になる方から包丁を入れる。エラとワタを包丁の先で取り除く。水できれいに中の方まで洗い、ゼイゴを尾の方からそぎ取る。

2. 水気をふいて塩小さじ1/2をふり、10分おく。ふたたび出た水気をふき取り、化粧塩少々をふる。尾とヒレには、水気をつけたままたっぷりと塩(分量外)をまぶす。

3. グリルにあみをのせ、下に少量の水を張り、裏になる面を上にしてあじを並べる。中火よりやや強めで片面を約5分焼いたら裏返し、少し火を弱め、こんがりと焼き目をつける。頭を左に腹を手前にして皿に置き、大根おろしの水気をきって右手前に添え、しょうゆをかける。


nabe1.jpg