top1.jpg

手軽に大物!シーバスの釣り

手軽に大物!シーバスフィッシング

ショアからのソルトウォーターで身近な場所でもっとも大物が期待できる釣りは、なんと言ってもシーバス釣りではないでしょうか!

img2b2d946fzik0zj.jpg


生息域

シーバスは、北は北海道の南部から南は九州の鹿児島までの日本沿岸部と朝鮮半島の一部の沿岸に生息しています。

港湾

漁港、堤防、埠頭、運河、干潟など、シーバスが付きやすいポイントやエサの量が豊富ななポイントが沢山あり、一年を通して魚影が濃いのが特徴です。陸っぱりポイントが豊富で、海浜公園など護岸が整備されていて釣りやすいポイントが多く、またボートゲームも盛んなエリアです。

河川

アユを始めとする豊富なエサを求めてシーバスは川を遡上する習性があります。河口から中流域、堰のない河川であれば上流域でもその姿が見られます。主に春から秋にかけてが釣りやすいシーズンとなり、護岸が整備されていればスニーカーで気軽に釣りにいけ、またウェーディングで大型狙いなど、ビギナーからベテランまで人気のあるフィールドです。

干潟

生き物の宝庫である干潟は、シーバスにとって格好のエサ場となります。干潟は内湾や河口域の流れの弱い場所にできるので、港湾部や河川と隣接するフィールドとなる場合が多いです。釣りをする場合はウェーディング装備が必要となります。

サーフ

延々と続く砂浜にも、エサとなる小魚を求めてシーバスが回遊してきます。河口や地磯がすぐ近くにあるサーフであれば、エサとなる小魚が集まりやすいので有望ポイントとなりやすいです。



潮の流れが複雑で激しく変化に富む磯場にもシーバスは生息しています。磯根やサラシの中に潜み、回遊してくるベイトを待ち構えています。カジメなどの海藻が生えている生命感のある磯ほど、エサの量が多く、シーバスが付きやすいポイントとなります。また外洋の磯場ではヒラスズキが生息しています。常に危険が伴うフィールドであり、本格的な装備をして安全面に万全な体勢で臨む必要があるため上級者向けの釣り場といえます。